2014年12月11日木曜日

【霊性について】

【霊性について】
 人間は霊的存在です。昨日の記事で書いたように、人間の構成は精神8:肉体2、と私は経験的に理解しています。人生は、精神が望みを叶えるために展開していきます。だから、本当の意味で精神が望んでいないことは、叶わないようになっているのです。生まれてきた目的は自分の過去を浄化することかもしれないし、誰かと出会うことかもしれないし、自分に新しい挑戦をさせるためかもしれない。人によって様々です。
 スピリチュアルな言葉でよく語られる「魂の成長」という考えを信じないで下さい。魂は成長しません。なぜなら、魂はすでに完成され、自足しているからです。魂の成長は無い物ねだりで、自分を見ていない、大切にしていないことの裏返しでしかありません。勿論、生きている間に精神は変化も成長もします。しかしその望ましい形は、自分の本来の在り方、つまり魂の在り方に還っていくことであって、何かを新規に求めることで...はないのです。
 魂の在り方は、自分の趣味嗜好や信念や繰り返されるパターンの中に必ず現れています。自分の身に起きること、心に思うことに柔軟に忠実にあることが大切です。今すぐには出来なくても、それに近付いていこうとする意識が、自分を魂に近付けていきます。
 人間の霊性は、統計学や科学や一般論には計り知れない力を持っています。それは魔法と言って良いでしょう。しかし人間にとって、本来標準的な素質なのです。例えば、私は「思う」だけで人の体の状態を良い方に変えることが出来ます。なぜそんなことが出来るのかと言えば、それは私が自分の精神エネルギーの存在と個性を信じているからです。自分がそれを信じていない時、私はもっと堅実な、「他の人もやっている」やり方の中に自分を閉じ込めようとしていました。それは自己否定でしかありません。そのような時には、自分の本当の力は発揮されることなく、人の真似をしては完全なコピーを出来ない自分に出会いました。
 ヒーリングは確かに特殊能力ではあります。しかし人間の精神エネルギーが最も良い形で発揮されるのは、「存在していること」です。その人が自分の魂に沿い、その人の固有の精神エネルギーを充分に発揮している時、その人の周りでは沢山の起こるべきことが起き、他人を、関わる世界を良い方向に向かわせるのです。
 音楽や絵や料理、その他あらゆる創作活動において重視されるべきは、「その人の固有の精神エネルギーがそれを作っているか否か」という点です。世の中を見ますとほとんどのものは、精神エネルギーゼロです。売れる形、誰かがやっている形、お洒落な形、そればかりで、どんなに品の良いもの、上手なもの、美味しいものでも精神性が宿らず、精神性を軽視し拒否する現代の様相を表しています。そのような在り方でどれだけ良いもの、確かと思えるものを作り続けても、死や病気や人災、天災といった、もっと大きなエネルギーの前でまったく無力でしかありません。
 人の世を照らすことは、人間の生まれてきた目的であり、課題でもあります。人は人の世を照らすことが出来て初めて、意味を持てる存在なのです。人が一人ひとり、群れとしての大きな目的に気付き、人の真似をし、社会の真似をすることなく、自分に宿された自分だけの在り方を全うして生きられることを、強く望みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿