2014年12月1日月曜日

初回1000円を続けます。

11月は1000円キャンペーンによって、
いつもよりたくさんの人に会うことが出来ました。
ありがとうございます。

諸々、良い意味で世間並みを目指し、
「見えている人(=ヒーラー)だけが分かっていれば良い」...
「命は水モノなのだから安易に判断はしない」
といった仙人的な有り方から脱し、
「分かりやすさ」に努めるようにしています。

施術に際しては、現状の診断と、将来の病気の見込みや
施術回数の見積もり、
現在、治している箇所などを明確にお伝えするようになりました。
・・・こう書いてみるとサービスとして
アタリマエのことばかりではありますが、
命というものの幅広さ、深さを前にして
「はっきりしたことは言えません、分かりません」
を貫いてきた自分としては、脱皮のような体験をしました。

決して適当な妥協をしているのでも、
生命に対しても思いあがっているのでもありません。
依然として、分からないことは多いですが、
分かることも増えています。

「こうした方が伝わる」「分かってもらえる」
ということに、最近は関心が向いています。

それは絵の活動によるものかと思うのですが、
絵だけ見せられても、分かる人は分かりますが、
「もう一言あれば分かる人」の方が実際には沢山います。

この「もう一言」は魔法のようだと最近は感じます。
ぐっと距離を縮めてくれるからです。
それがヒーリングに関しては、
自分が分かる範囲での診断、見込み、見積もり、
なのだと思います。

「分かる努力をせい」
これは、命の道では絶対に必要ですが、
自分は命の道そのものではないのですから、
橋渡しの務めがあるかと思います。

それは医学測定とは違うかもしれません。
他のヒーラーとは違う見解かもしれません。

しかし私の診断であり、それをきちんと伝えることは
出会いを全うすることだと思えるのです。

今、日本のみならず世界的に、
食を巡る環境をはじめとして、
人間が人間らしく生きていくための条件は
きわめて悪い、と危惧しています。
これからますます悪くなっていくことでしょう。

知らない間に、おかしなものをおかしいとも思わず食べ、
病院に行けば医者の言われた通りに薬を飲み、
薬によってかえって以前よりも病気をしている。

そんな人ばかりです。

体に良いこと、体に悪いことは、
今は多くの方がご存知ではないでしょうか。

しかしそれは分かっても、そこに回すお金がない、
というのは私は甘えや怠けだとは、私はどうも思えないのです。
(*勿論、ただ怠けている人には喝!を入れます)

生命力が、時代に押されている、という感じを受けています。
私はそれを、何とかしたいと思います。

話がくどくど長くなりましたが、
上記の見解に、今の日本の経済状況をプラスして考えますと、
今後も、初回1000円を続けていくのが良いのではと思えますので、
そうします。

今後ともよろしくお願いします。
 
先日収録のてくてくTV

0 件のコメント:

コメントを投稿